日本人讨论为什么日本打败了无敌的元军
2021-05-18 雨晴様 17070
正文翻译
なぜ無敵だった元の大軍が敗れたのか

为什么无敌的元军会战败?


当時最強と謳われた元の大軍を日本は退けることができた。その理由は「日本の特徴」にあると歴史作家・関裕二氏は語る。(対馬の中央に広がる浅茅(あそう)湾)

在古时,日本为何能够击退当时被誉为最强的元大军?历史作家关裕二对此表示,其原因在于“日本的特色”。

日本は大海に浮かぶ孤島だから、独自の文化が花開いている。かつては、日本の文化のほとんどが、大陸や朝鮮半島からもたらされたものと信じられてきた。古代日本は渡来人に征服されることはなかったし、海の古代史を探っていけば、「渡来人征服説」には、大きな疑念が浮かびあがってくるのである。

日本是一座漂浮在大海上的孤岛,所以有着自己独特的文化。过去,人们相信日本的文化大部分都是从大陆和朝鲜半岛传入的说法。古代日本并没有被渡来人征服,如果探究一下关于大海的历史的话,很显然“渡来人征服说”是有很大的漏洞在的。

※本稿は、関裕二著『海洋の日本古代史』(PHP新書)を一部抜粋・編集したものです。

※本文摘录并编辑了关裕二著的《海洋之岛——日本古代史》(PHP新书)。
原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.cn 转载请注明出处


「魏志倭人伝」に記された驚きの対馬

《魏志倭人传》中记载的对马海峡很令人吃惊。

対馬にはじめて旅した時、日本史の根幹がわかった気がした。対馬があったから、日本は日本のままでいられたのではないか、とさえ思った。

我第一次去对马旅游的时候,就感受到了那里具有日本历史的根源性。我甚至觉得,正是因为有了对马,日本才能够保持自己本来的面貌。

対馬は日本列島よりも朝鮮半島に近い。北側の展望台から、対岸の釜山(プサン)が見える。今でも、韓国から多くの人たちがやってくる。近年では、日本人よりも韓国人観光客の方が、圧倒的に多い(新型コロナ禍の時期は別だが)。

对马比日本列岛更靠近朝鲜半岛。从北侧的瞭望台可以看到对岸的釜山。即使是如今也有很多很多人从韩国到对马。近年来韩国的游客的数量远远地比当地的日本人还要多(当然姑且不论疫情时期)。

だから当然、対馬は朝鮮半島の文化圏と思われがちだ。しかし、ここは縄文時代からすでに、縄文的で日本的だったのだ(考古学的にはっきりとわかっている)。たとえば弥生時代の稲作は、朝鮮半島からではなく、九州から伝わっている。

所以理所应当的,对马容易被认为处于朝鲜半岛的文化圈。但是,从绳文时代开始,这里就已经是绳文式的日本地区了。(从考古学上可以很清楚的证明这一点)比如弥生时代的水稻种植,就不是从朝鲜半岛传来,而是从九州传来的。

なぜ、近い方の、朝鮮半島の文化に染まらなかったのだろう。この謎は、対馬だけの問題ではなく、日本列島にも当てはまると思う。

为什么这里没有被附近的朝鲜半岛文化所影响呢?我觉得这个谜团不只是对马的问题,也适用于日本整个列岛。

大陸や半島側から日本地図を見なければ、日本の本当の歴史はわからないという話はよく聞く。ならば、そうしてみよう。対馬は渡来人が、最初に訪れる日本列島だ。陸続きでどこまでも行ける大陸の人間にとって、大海原に漕ぎ出し、対馬に行くこと自体が大きな冒険だっただろう。

我经常听说一种说法,如果不从大陆和半岛的角度来看日本地图的话,就无法得知日本真正的历史是如何的。既然如此,我们就这么试试吧。对马是渡来人最先到访日本列岛的地方。对于陆地相连接、无论哪里都能去的大陆人来说,度过大海到对马海峡本身就是一个很大的冒险。

そして、たどり着いた小さな島が、意外にも急峻で、海岸から仰ぎ見るような崖や山に覆おおわれ、平地がなく、「これが倭(日本)なのか」と、茫然としただろう。

并且好不容易上了岸,这个小岛却意外地很险峻,海岸附近就可以看见高耸的悬崖和大山,没有平地。当年的渡来人可能会茫然的想:“这就是倭(日本)吗?”的吧。

すでに触れたように、「魏志倭人伝」には、対馬の様子が「驚き」とともに描かれている。「絶島」といい、良田はないという。良田がないのではなく、正確には「平地がない」「山ばかり」なのだ。

正如上文所说的那样,《魏书・倭人传》中对对马的描述中带有一种惊讶的情绪。其中说这里是个绝岛,没有良田。其实不仅是说没有良田,正确的说法应该是这里“没有平地”“尽是山”。

大陸の人間の「農地もない孤島で、どうやって暮らしているのだろう」という、感想が聞こえてきそうだ。対馬の次に、壱岐がある。ここの記事も面白い。

读史时似乎能够听到当年大陆人发出的“在没有农田的孤岛上,是怎么生活的呢”的感慨。对马之后是壹岐岛,《魏书》中对它的描述也很有趣。

「竹林と叢林が多く、三千ばかりの家がある。やや田地はある。ただ、田を耕しても十分な食料を得ることができず、やはり南北に市糴している」

“此地多竹林丛林,共有户三千,稍有田地。然耕作不够人食,需向南北市易。”(ps:此处的南北中的南主要指九州,北指朝鲜半岛)

ここでも、田畑の少なさに驚いている。壱岐は平坦だが、おそらく「水の供給」の問題で、農業は振るわなかったのだろう。

这里的土地之少也令当年的人惊讶。壱岐很平坦,之所以农业无法振兴,恐怕是因为当年无法做到“水的供给”吧。
原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.cn 转载请注明出处


「ああ、だから、やむなく船を漕ぎ出して、交易しているのか」
と、大陸の人たちは、勘違いをしたにちがいない。やっとの思いで九州島の末盧国にたどり着いても、遣わされた使者は獣道よりもひどい道を歩かされている。「前を行く人の背中も見えなかった」と、帰国後、みなに吹聴したのだろう。

所以大陆的人们会认为“啊,那就没办法了,只有乘船出海去交易了。”,被派遣来的使者好不容易走到了九州岛的“末卢国”,脚下的路却依然比原始森林的道路更糟糕。于是回国后便向众人宣扬说:“(路糟糕得)连前面走着的人的背影都看不见。”

どこまでも続く広い道を日々往来している大陸の人びとにとって、日本列島は「未開の地」であるだけではなく、「土地を奪ったところで、山しかない。人が住めない。村と村を往き来できない」わけで、侵略する意欲を削そいだことだろう。まして、騎馬民族なら、騎馬の優位性は激減する。

对于每天都在宽广道路上来来往往的大陆的人们来说,日本列岛不仅仅是片“未开化之地”,而且是一片“即使抢夺也因没有土地,只有山,人是住不了的,且村与村之间都无法相通”的地方,所以恐怕会提不起他们想要进攻的欲望吧。而且这里也会削弱骑马民族的骑兵优越性。

騎馬民族日本征服説の証拠は見つかっていない

【无法找到骑马民族征服日本说的证据】

時代は下り、弘安の役(1281年の元寇)で元は敗れるが、『元史』には、10万の軍勢のうち生還したのは3人だけで、このとき江南(華南)の唐人は生け捕りにされたと記録されている。

随着时代的变迁,到了元朝时期的弘安之役时(1281年的元寇入侵),据《元史》记载,10万大军中生还的只有3人,江南(华南)的中国人被活捉。

「南船北馬」というように、中国の北側は平原が広がっていたから馬が重宝されたが、南側は大河川と森に囲まれて、水運が発達していた。さらに、大海原に船を漕ぎ出し、東南アジアに商圏を確立していたのだ。その江南の人びとだけは、助けられたのだ。

正如“南船北马”这个词所揭示的那样,中国的北方平原广阔,所以人们很重视马。而被大江大河和森林包围的南方则是水运发达,并且还可以乘船出海,在东南亚建立商业圈。所以当时只有江南的人得救了。
原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.cn 转载请注明出处


日本側はしたたかで、江南の唐人から、造船、航海の技術、潮の流れなどの知識を得て、ここから先、倭寇が出現し、各地で暴れはじめる。問題は、なぜ無敵だった元の大軍が敗れたのか、である。

日本海方面的住人比较刚强,他们从江南的唐人那里学得了造船、航海技术、潮流相关的各种知识,在此之后此地还出现了倭寇,在各地开始生事。为什么当时无敌的元朝大军会失败了呢?

もちろん、台風にやられたという直接的な原因はあったが、戦略的に見て、大軍の長期逗留(とうりゅう)には、無理があった。だいたい、兵站が維持できない。

虽然最直接的原因就是台风,但是从战略上来看,元朝基本不可能在这里长期滞留大军。因为他们无法维持补给线。

壱岐の住民はほぼ全滅したが、対馬は完全に滅んだわけではない。人びとは山に逃れている。10万もの大軍の食料を朝鮮半島から運ぶとすれば、対馬の民のゲリラ戦にも対処する必要がある。輸送船団を水軍が襲えば、10万の兵は干上がる。

虽然壹岐的居民几乎全部死绝了,但对马并不是这样。当时的人们逃到了山里。如果从朝鲜半岛运来10万大军的军粮的话,就必须面对对马民众的游击战。而且如果水军袭击了船队的话,10万士兵就会完蛋。

古代も、同じだ。一時、江上波夫の騎馬民族日本征服説が一世を風靡したが、冷静に考えれば無理がある。考古学的に「騎馬民族がヤマトを席巻した証拠」は見つかっていない。

再往上的古代历史也是同样。过往曾经有一段时间,学者江上波夫的骑马民族征服日本的说法风靡一时,但是如果冷静地思考一番的话这是不可能的。因为考古学上并没有发现骑马民族席卷大和的证据。

神話にいう葦原中国(あしはらのなかつくに)は、「湿地帯や水田が多い土地」でもある。馬は脚を取られるし、船に馬を乗せ瀬戸内海を東に進めば、複雑な潮の流れに翻弄され、水軍の格好の餌食(えじき)になるだけだった。

神话中所说的苇原中国是个“湿地和水田多的地方”(苇原中国:就是指日本)。所以在这种地方马无法前进,而如果让马坐船沿着濑户内海上东走的话,就只会面临一片复杂的潮浪汹涌水域,成为当地水军的绝好狙击对象。

内陸部を進軍すれば、隘路(獣道に毛の生えた程度の狭い道だっただろう)で周囲の林から弓を射かけられて、ゲリラ戦に苦しめられ、疲弊していくだけだ。騎馬民族も領土欲が失せただろう。大陸の人間は、むやみやたらに、大海原に飛び出そうとは思わなかったはずなのだ。漁も航海も、素人には真似できない特殊技術だからだ。

如果在内陆地区进军的话,只会在狭隘的道路(跟原始森林一样的道路)上被藏在周围的树林的游击队用弓箭攻击,被折磨得疲惫不堪。所以马上民族是会失去列入领土的欲望的。而且大陆的人也不会胡乱的进军大海。无论是捕鱼还是航海,这些都是外行人无法轻易做到的。

それでも、どうしても海を渡りたいというのは、「敵に攻められて、もう、もちこたえられない」「独裁者の横暴に耐えられない」と、考えた時だろう。渡来人は征服者ではない。多くは亡命者である。

関裕二(歴史作家)
面对如此情况,也一定要漂洋过海来到这里的,恐怕就是那些被仇家攻击无法再呆在当地,或者无法忍受独裁者的渡来人了吧。渡来人不是征服者,他们多数是流亡者。
关裕二(历史作家)

评论翻译
qgj*****
自慢の騎馬隊も、日本軍との同じく騎馬武者との戦いに破れているからね
安定した橋頭堡を築くことが出来なかった以上、例え本国からの物資が安定して補給されても意味を成さないね

因为他们引以为傲的骑马军队也败给了日本的武士骑兵啊
他们当年没有能够做出安定的桥头堡,所以即使有本国物资的稳定,补给也是没有意义的。

ara*****
東洋のガラパゴスとは、まさに日本にピッタリの表現ですね。歴史文化だけでなく、自然生態系もオリジナルにまさに日本固有の有り様で進化して。
このガラパゴス文化はとても大事だと思う。
汎地球的な文化とは相いれないところも多々あるし、かなり窮屈なところも有るが、我慢すべきは我慢しながら焦らず熟成を進めて行くのが、いちばん良い、と、この頃つくづく考える。

东洋的加拉帕戈斯岛——这么形容日本真的是很贴切啊。不仅是历史文化,自然生态系统也是以日本独有的形态进行着进化的。
我觉得这种孤岛文化非常重要。
虽然与全球化的文化有很多不相容的地方,也有些地方非常令人感到不自由,但我们应该忍耐,然后不急躁地接着推进它,让它走向成熟,这才是最好的做法。

ine*****
コスパ、費用対効果ってやつだね。
たまにある、上から言われて、絶対無理だ、無駄だと思いつつ、その時点での、費用対効果を考えて(上を説得する時間と労力は大きい)、上の言う通りに行動したりする。
当時、海を渡って攻めるなんて無謀です、なんて提案は、命がけだったかもしれない。止めるも地獄、いくも地獄、逃げるも地獄。

之所以打日本是因为划不来。
历史中偶尔会有下属虽然觉得高层领导的话是绝对行不通的,但考虑到劝说的成本(要劝说上级是要花很大时间和劳动力的),还是只能按照上层所说的那样干事。
当时渡海进攻战略是鲁莽的,这种做法是得赌命的,但无论是阻止皇帝也好,还是选择进攻也好还是逃跑也好,都只有死路一条。

kazuahiko
元寇が失敗した理由はこんなところにあったのですね。
確かに山地が大きい日本の土地は外国にとって侵略するのが難しと思います。当時は鎌倉武士の荒々しい気風が残っていた時代だしね。
現在はハイテクが発達して地形はさほど関係ないんだろうけど、戦後の行き過ぎた平和教育と差は教育の浸透で、外国勢力が侵略しても自国を守るという意識がほとんど残っていない気がします。
「何かあってもアメリカが何とかしてくれるだろう」と思考停止していますからね。実際はアメリカは他国のために自国の兵士が犠牲になってもいいとなんて思っているはずがないと思うのですがね。

元寇失败的理由原来如此啊。
山地多的日本对外国来说确实是很难侵略。而且当年还是一个镰仓武士还武德充沛的年代。
虽说现在高科技发达,地形不再起多大影响,但战后过度的和平教育导致我们现在即使被外国势力侵略了也几乎没有要保护自己国家的意识。
“不管发生什么,美国都会管我们的吧。”——大家都这么认为,然后停止了用自己的脑袋思考问题。但实际上美国是不可能让自己本国的士兵为了他国而牺牲的吧。

mor*****
確かに兵站が維持できなかったというのはあるわな。
そうなると、木造船で火薬を積んでるから、航海中は火を使った飯が作れない。
となると生食か既に火を通してある食材で腹を満たすしかない。
現地調達をしようにも、激しい抵抗があってままならない。
そうなると海上で籠城しているようなもので、戦闘どころではなくなるだろう。

当年他们确实是无法维持兵力补给。
而且还用木船装载了火药,所以在航海中也无法生火做饭。
这样的话就只能生吃或者是吃已经煮熟了的食物来充饥。
即使想在当地采购军粮,也会遭遇强烈的抵抗。
军船就像是在海上的一个个闭门不出的孤岛一样,根本谈不上作战。

mbu*****
世界最古の磨製石器も世界最古の土器も日本から発見されている。縄文時代の遺物、北海道のものが沖縄で見つかり、沖縄のものが北海道で見つかっている。縄文時代、既に日本列島で海洋流通が行われていたのだ。何でもかんでも大陸から伝わったというのは間違いだということが最近わかってきている。稲作も中国よりも日本の方が古い。日本は世界から見て劣っていたのではない。最先端だったのだ。

世界最古老的打磨石器和世界最古老的陶器都是从日本发现的。在冲绳发现了绳文时代的遗物,在北海道也发现了冲绳的东西。这说明在绳文时代,日本列岛就已经开始有跨海流通了 。最近我才明白所有东西都是从大陆传来的这种观点是错误的。与中国相比,在水稻耕作上,日本更古老。与世界他国相比,日本并不相形见拙,是最先进的。

let*****
世界一の刀と言われる日本刀を携え、 弓戦用の鎧を着て、威力を誇る長弓で走る馬から放つ武士が集団で突入してきて、元軍はかなり一方的になぶり殺しにされたようですね。名を名乗るのも、味方に戦の記録を取ってもらって、功績を得るためだったので、鎌倉武士の戦いの記録がかなり残っているそうです。

在带着号称世界第一的刀的日本刀,穿着弓战专用的铠甲,自马上用威力满满的长弓来射箭的武士团参战后,元朝大军就被单方面的屠杀了。因为当年采取了对打之前自报姓名、让我方战友记住战争记录以便之后换战功的做法,所以有很多当年镰仓武士的战斗记录留了下来。

shi*****
あれは正規の元軍ではなく、元のフビライを唆して日本侵略を企てた高麗軍であったと言われてるけどね。だから弱かったんだと。朝鮮相手なら鎌倉時代の武士団も、決してひけを取らない戦ができると思うしね。

好像有说法说那不是正规的元朝大军,而是煽动忽必烈企图侵略日本的高丽君,所以很弱。如果是以朝鲜为对手的话,我觉得镰仓时代的武士团是绝对不会输的。

xre*****
日本の文化はもちろん素晴らしいものではあるが、特別視しすぎるのも問題だ
元軍は無敵というわけでは全くなく、むしろ東南アジア方面においては特に、日本だけでなくベトナム、チャンパー、ジャワ島での遠征など失敗が多い
むしろ成功と言っていいのはパガン朝への遠征のみだ
日本を過度に特別視するような記事は作らないでいただきたい

日本的文化当然是很棒的,不过过分抬高它也是不对的
且元军并非无敌,倒不如说在东南亚方面,特别是在日本,越南、张帕、爪哇岛的远征失败的例子有很多
甚至可以说打成功的只有蒲甘王朝
请不要发布这种过分抬高日本的报道。

imf*****
中国史の南北朝時代で、東晋が倒れそうで倒れなかった理由は江南を攻略するのに水軍が必要だったということ。
なんか、分かったような気がする。ら

在中国史上的南北朝时代,东晋明明快要完蛋却没有完蛋的理由,好像是因为攻打江南需要有水军。
我有点懂日本没被打下的理由了。
原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.cn 转载请注明出处


ecu*****
で、無敵の元軍が破れた理由がどこにも書いてないんだけど…。
元側の馬が湿地に足を取られたって記録はあるの?
兵糧を心配する間もなく一瞬で壊滅してるし…

所以你哪里写了无敌的元军战败的理由了?…
有记录显示元朝军队的战马被湿地给拦住了吗?
明明是他们连担心军粮的功夫都没有就战败了…

hidebo
海洋国家と大陸国家の違いです。
元の大軍と言いながら高麗軍がその主体であり
寄せ集めの軍隊で士気は高くなく海の知識も乏しい。負けるべきして負けた

这是海洋国家和大陆国家的区别。
而且虽说是元朝大军,但其主体是高丽君。
拼凑起来的军队的士气是不高的,而且缺乏海洋知识。
所以此战必输。

 
收藏译文