日本人讨论地道的中国菜和在日本的有什么不同?
2022-11-21 雨晴様 14505
正文翻译

中国には中華丼がない? 本場「中華料理」、日本と何が違う? 食事マナーの違いなど専門家に聞いた

中国没有中华盖饭?地道的中国菜和在日本的有什么不同?向专家咨询中日餐饮礼仪的不同

 ギョーザ、チャーハン、マーボー豆腐……。日本人も大好きな中華料理。どの街でも中華料理店があり、日本人の食生活に欠かせない存在といえますが、日本で食べる中華料理と現地の料理は同じものなのでしょうか。中国現地の食文化について、ノンフィクション作家で中国社会情勢専門家の青樹明子さんに聞きました。

饺子、炒饭、麻婆豆腐…日本人也很喜欢中国菜。无论哪个城市都有中华料理店,可以说对日本人来说中国菜是饮食生活中是不可缺少的。那么,在日本吃的中华料理和中国本土的料理是一样的吗?就中国本土的饮食文化,我们咨询了纪实文学作家、中国社会形势专家青树明子。

【写真】コレが日本の本気… 高さ30センチ? から揚げタワーにあんかけ&チーズたっぷりがけ… 「大ボリューム!こぼれ丼パラダイス中華」
日本の中華料理のルーツは広東料理 食事マナーにも違い
Q.そもそも、日本と本場中国では、中華料理の味付けに違いはありますか。
青樹さん「全く別物と考えた方がよいです。これはどの国でも共通していると思いますが、日本で発達した外国料理は、日本人の口に合うように、つまり日本人に寄り添った味になってます。作られた料理です。中国料理はその代表例で、例えば、日本のようなラーメンは中国には存在しません。中国の麺料理は味付けが薄いです。日本人が現地で食べると、あまりに味がなくて不満に思いますし、逆に中国人が日本のラーメンを食べると、味が濃くて食べられない人もいます。
また、日本人の好きな料理である『天津丼』『中華丼』は中国にはありません。これは日本人が独自に作ったものです。日本で発達した中華料理は、主に中国南方の広東料理がルーツです。日本人が北京に行って北京料理を食べると、あまりにも味付けが違うので『あれ?』と思います。北京料理はどちらかというと塩辛いです」

【日本的中华料理的根源是广东菜 中日的用餐礼仪也不同】
Q.在日本与本土的中国的中国菜的调料有什么不同吗?
青树:“是完全的两码事。而这一点在任何国家都是共通的,在日本出名的外国菜都是为了符合日本人的口味、也就是说迎合日本人口味而改变了味道。是“独创”的料理。中国菜就是其典型。在中国菜中,比如说日本式的拉面就在中国并不存在。中国的面条调味较淡。如果日本人在中国当地吃的话,会觉得没什么味道而不觉得美味,相反也有中国人在吃日本拉面时觉得味道太浓、吃不下的。
另外,中国不存在日本人喜欢的料理“天津盖饭”、“中华盖饭”。这是日本人独自打造出来的。在日本有名的中国菜主要来源于中国南方的广东菜。当日本人去北京吃到北京菜的话,应该会因为调味过于不同而感到奇怪的。北京菜会比较咸。”

Q.中国国内でも、地域によって味付けが違うのですね。
青樹さん「全然違います。『酸甜苦辣』(スワンティエンクーラー)と書きますが、酸っぱいもの、甘いもの、苦いもの、辛いもの、いろいろです。あれだけ広い国土なので、1地域を一つの『国』と捉えた方がいいでしょう。中国でも地域によって人間の性格、民族性も違えば、料理の味や習慣も違います。私はいろいろな所で政治や経済、社会問題などに関して『中国ではどうですか』とよく聞かれますが、あれだけ広くて人口14億人です。それを「中国」とひとくくりで説明するのは困難です」

Q.在中国国内、地区不同调味也会不同吧?
青树:“完全不一样。中国人把味道称之为‘酸甜苦辣’,包含得很广。中国的国土面积十分广阔,所以我们可以把一个地区当做一个“国家”来看。在中国,根据地域的不同,人的性格、民族性格也不同,菜肴的味道和习惯也会不同。我经常在很多场合就政治、经济、社会问题等方面被问到‘中国的这方面怎么样?’,但中国国土如此广阔、人口又有14亿,是很难笼统的用一个“中国符号”来解释它的。”

Q.中国人は、日本人になじみが深い広東料理をどう評価しているのでしょうか。
青樹さん「広東料理は一般的に“甘い”というイメージのようです。広東料理と対極にあるのが、四川料理、湖南料理でしょう。お肉でもお魚でも、唐辛子の山の中に埋もれている。本当に辛いです。なお、北京や上海、広州のような大都市では、中国全土からその土地のレストランが出店しており、あらゆる地域の料理が食べられます」

Q.中国人对日本人熟悉的广东料理是怎么看待的呢?
青树:“在中国广东菜一般给人一种‘很甜’的印象。与广东菜相反的是四川菜、湖南菜。无论是肉菜还是鱼菜,都被埋在辣椒堆里,是真的很辣。另外,在像北京、上海、广州这样的大城市,有中国全境的各色特色菜馆、可以吃到所有地区的料理。”

Q.中国人は普段、外国料理を食べますか。
青樹さん「中国は共働きなので外食も多いです。今日は四川料理、明日は山東料理、火鍋にしても重慶火鍋や香港火鍋など選択肢は豊富です。最近は外国旅行経験者が多いので、外国料理も人気です。なかでも日本食は大人気です」

Q.中国人平时吃外国菜吗?
青树:“因为中国家庭大多都是双职工,所以经常在外用餐,今天吃四川菜,明天吃山东菜…就吃火锅方面也可以吃重庆火锅、香港火锅等,选择很丰富。近年来有很多人去国外旅游,所以外国菜也很受欢迎,其中日本菜人气也很旺。”

Q.日本では焼きギョーザが人気ですが、中国にはありますか。
青樹さん「あります。ただ、ギョーザというと、中国では基本的に水(スイ)ギョーザを指します。焼きギョーザはもともと、余った水ギョーザを翌日焼いて食べたのが起源とされています。戦後、旧満州(中国東北部)から引き揚げてきた日本人が日本でギョーザを作って流通させ、やがて流行しました。なお、中国でも20年ほど前から日本料理店を中心に、『鍋貼』(グオティエ)として焼きギョーザが出されるようになりました」

Q.在日本煎饺很受欢迎,中国有吗?
青树:“有。不过,在中国说到饺子基本上是指水饺。煎饺原本的起源是把剩下的水饺第二天烤着吃。战后,从旧满洲(中国东北部)撤退的日本人开始在日本包饺子使之流通,其后不久得到流行。另外,中国也从20年前开始以日本料理店为中心,推出了名为“锅贴”的煎饺。”

Q.中国での食事におけるマナーは、日本と違いますか。
青樹さん「日本と違い、茶わんを手に持つのはマナー違反です。日本に比べ、箸が長いのも特徴です。今はさすがに少なくなりましたが、飲食店では、食事中に魚の骨をテーブルにペッと吐き出すことも珍しくありませんでした。なぜ、お皿ではなく、テーブルに食べ物のかすを吐き出すのか聞いたことがあります。答えは『日本人のように口から出したものをお皿の隅に置く方が汚い』。一理あるなと思いました。
家族や親しい友人と食事をする際、自分の箸で相手に料理を取り分けてあげるのが『おもてなし』とされていた時代もありました。しかし、サーズの流行以降、衛生に対する考え方が変わり、菜箸を使うようになりました。車の普及や伝染病の流行など社会的要因が中国の食文化に影響を与えることもあるのです」

Q.在中国吃饭的礼仪和日本不一样吗?
青树:“和日本不同,手拿着碗是不礼貌的。和日本相比,筷子长也是其餐具特征。以往在餐饮店吃饭的时候,人们把鱼骨“呸”地吐到桌子上并不少见,不过现在这种现象变少了。我曾经问过‘为什么不把食物残渣放在盘子里而是桌子上呢?’ 对方回答我说‘像日本人一样,把从嘴里拿出来的食物残渣放在盘子的角落里更脏’,我觉得这也是有道理的。
以前中国人在和家人亲密的朋友一起用饭的时候,会用自己的筷子把菜夹给对方进行招待。但是自从非典流行之后,人们对餐桌卫生的看法发生了变化,开始使用公筷。汽车的普及和传染病的流行等社会因素也会影响中国的饮食文化。”

评论翻译
jaz*****
ナポリタンもそうですね
だいたい国名や地名が付いてるのは、当地では無かったり呼び名は違うと思いますよね
アメリカンドッグもアメリカでは呼び方は違いますしね
日本風にアレンジしてるので厳密には当地のレシピとは違うことも多いですし、同じだとしても知らない料理の名前より地位記名をいれた方が、イメージしやすい
日本そばなんかは中華そばと区別する為に呼ばれた物だと思いますし
日本での郷土料理等で地名が付くのはお土産や名産として地域をアピールしたり、他の地域の物と区別しやすいようにでしょうけどね

那不勒斯意面也是这样。
基本上带有国名和地名的外国菜,在外国都是没有的,或者是叫法不一样。
美国大热狗(玉米热狗)在美国的叫法就不一样。
因为在日本的外国菜肴是日本式的,所以严格来说有很多时候都和当地正宗的菜谱不同,而且即使是一样的东西,比起陌生的菜名,加入国家地名来起名会更容易给人留下印象。
我觉得日本荞麦面这个叫法是为了和中华荞麦面区别而叫的。
而日本的乡土料理加上地名也是为了使它能够称为土特产或者名产来宣传地区、或者是和其他地区的东西区分开来的吧。

cof**
洋食もそうだし、カレーも、中華も日本はあらゆる料理を独自に発展させてるけど、他所の国の料理を勝手にアレンジする割に日本料理が海外で勝手にアレンジされるのは結構、否定的なので、勝手だなぁとは思う。
日本人は日本で満足することが多くわざわざ海外に出て行くことが少ないから、海外では日本料理屋は大抵、中国人を中心にアジア人が似非日本料理屋をやる。
日本クオリティや日本料理は世界に知れてるからかなり高級店としてやっても客は入るから中国料理屋よりも割りが良い。中身はアレンジというより酷い店も多々存在する。
しかし貧困化すれば今度は海外に出て行く人が増えてまともな日本料理の店が増えて似非から客を奪うのかもね。
ただ本物だから良い、偽物(アレンジ)だから悪いわけではないし、実際日本にある他国の料理は大半がアレンジされたものばかりで日本食化してる。
海外のアレンジ日本料理も許容してあげればより広まる

无论是西餐也好咖喱也好还是中国菜也好,日本会对所有外来料理进行改造、使之独自发展。但奇怪的是,明明我们随便的改造了他国的料理,但一听到日本料理在海外被随意改造时,又是持相当的否定态度的…
日本人一般待在日本就满足了、很少会特意去海外,所以在海外的日本料理店,基本都是以中国人为中心的、亚洲人开的假冒日本料理店。
因为全世界都知道“日本品质” “日本料理”有多好,所以即使开的店是相当高级的店,也会有顾客进门、比开其他店好赚。有很多店比起不正宗、食材不好的问题更严重。
不过如果日本贫困化的话,今后出到海外的人会增加、正规的日本料理店也会增加,应该能从假冒的日本料理店那里抢走客人。
话说正宗也不代表好,假冒(改造)的就不好,在日本的外国餐馆大多数都是改造的、日本料理化了。如果能够宽容地看待海外的日本料理的话,那么日式菜会更加火的。

kim*****
本場の重慶火鍋のファンです。米国の中国人が多いエリアにも結構進出していて、スープの種類を数種類選んだり、たれステーションがあったり手打ちの麺をうってくれたりしてうれしい。花椒と唐辛子の痺れと辛さがたまりません。日本人の食べ方との違いは、豪快に残すことだと思います。古い中国の考え方だと、外食の時に残さないで食べてると、家で十分食べていないみたいでよくないと言ってる香港の人がいました

我是正宗重庆火锅的粉丝。在美国的中国人多的地区也有很多重庆火锅店,可以点很多种类的汤底、多种类的蘸料、还有手擀面可以吃,吃着很开心。花椒的麻味和辣椒的辣味真是让人欲罢不能。我觉得他们和日本人餐饮的不同在于他们会豪爽地留下食物。有个香港人告诉我说按照老传统理念来说如果在外吃饭不如剩下点饭的话、就会给人一种好像在家里没东西吃的不好的印象。

Pinkd***
中国に限らず日本で食べてる外国料理は確かに日本人向けにアレンジされていますね。「これが本場なんです!」といくら本場の味を主張しても「美味しくないな」とお客さんが来なければつぶれてしまいますもんね。インド人がやってるカレー料理店だってインド人から見たらなんか違うんだろうと思います。
それはそれとして、海外へ行ったらその土地の本物の味を楽しむのは旅の醍醐味でもあり視野が拡がること間違いなし、そして日本で食べるものが如何に美味しかったか(日本人の口にあうから)しみじみ分かるのもまた良し。

不仅限于中华料理,在日本能够吃到的外国菜基本都是面向日本人进行口味改造的。毕竟无论怎样主张“这才是正宗的!”,只要客人觉得不好吃、不来的话,店就得倒闭。我想印度人开的咖喱料理店在印度人看来也是和本国不同的吧。
不过话说回来,去到海外享受当地正宗的味道也是旅行的乐趣,也能够让人长长见识,并且还能够让人深刻体会到在日本吃到的东西有多么好吃(因为符合日本人的口味),这也挺好的。

koh*****
私は関西人なので「中華街」といえば神戸を連想する。全国的には恐らく横浜中華街なのだろう。
神戸と横浜は出発点が異なると聞いた。どちらかが「北京料理」で、一方は「広東料理」からスタートしてるから料理が少し違いがあるとか。
中華料理のテーブルクロスは、食べかすをテーブルクロスに置いて一括りで片付けるためと聞いたこともある。また、回す中華テーブル(料理)も日本発祥とも聞いた。
有名なところでは、中国のギョーザにはニンニクは入っていない。
30年前に中国は出張で頻繁に行った。現地で食べる中華料理は日本と余り変わりが無かったように感じたが・・・ただ、店によって衛生具合は違ったので、現地スタッフはまず厨房に行って確認していたことを思います。生野菜は厳禁だった。今とは時代が違うだろうが・・・・「料理の鉄人」時代の頃だったろうか。

因为我是关西人,所以说起“中华街”我就会联想到神户,要是全国范围内的话,恐怕是横滨唐人街吧。听说神户和横滨的口味不一样。其中一个是基于“北京料理”,另一方是基于“广东料理”的,所以菜品味道会有些不同。
我还听说中华料理店的桌布是为了把食物渣放在桌布上一起收拾而铺的,且可以回转的中华桌子(料理)也是发源于日本。还有一个有名的就是中国的饺子里没有大蒜。
30年前我曾频繁地出差中国,我觉得在当地吃的中国菜和在日本吃的没什么区别啊…但是每家店的卫生情况都不同,所以当地的工作人员会先去厨房确认一下再点。生的蔬菜是绝对不吃的。(吃的中国菜和日本没有不同)是因为那时和现在不同,还是因为那时是《铁人料理》的时代?…(《铁人料理》93年到99年开播的厨艺综艺节目,此处指的是在节目中出名的华裔中餐师傅陈建一引起的中餐热)

for*****
中国には数年住んだ事もありますが、中華丼も天津飯もいろんな店で何十回も食べてますよ。
地元民しか行かない安食堂にもあるし、ホテルにテナントで入ってる高級中華料理店にもあります。
名称は、中華丼は「什錦燴飯」、天津飯は「滑蚕蝦仁飯」などです。
味付けや食材によって他の料理名で類似のものもたくさんあり多種多様です。
日本とほぼ同一の料理が出てくる事もあります。
あと焼きギョーザはマイナーですが、巨大な棒状の鍋貼ではなく、水餃子を焼いて提供してる老舗もあります。
中国は広いので、中国人でも自分のいる地域の料理しか知らないことが多く、中国の食文化を本当に知ろうと思えば中国各地を廻らないと無理です。
記者は中国の大学を出て現地で働いた時の経験で語ってるのだと思いますが、ちょっと無責任です。
そもそも日本に普及してる中華料理で、日本独自の進化を遂げた物はひとつもないと思いますよ。
25 43

我在中国住过几年,在不同的店里吃了几十次中华盖饭和天津饭呢。
在只有当地人才去的便宜饭馆也有,承包酒店门店的高级中华料理店里也有。
中华盖饭在中国的名字是“什锦烩饭”,天津饭是“滑蛋虾仁饭”。
如果调料和食材不同的话,其他类似的菜品还有很多很多呢。
也有的菜和日本的基本一样。
另外虽说煎饺不是主流,但也有的老字号提供的不是巨大的棒状锅贴、而是煎水饺子的。
因为中国很大,所以很多中国人也只清楚自己所在地区的料理,如果真的想了解中国的饮食文化的话,不到中国各地转转可不行。
我估计记者是根据她从中国大学毕业在当地工作时的经验来这么说的,这有些不负责任了。
而且在日本普及的中华料理没有一个是在日本独自发展、独有的。

qsl*****
>なぜ、お皿ではなく、テーブルに食べ物のかすを吐き出すのか聞いたことがあります。答えは『日本人のように口から出したものをお皿の隅に置く方が汚い』。一理あるなと思いました。
まったく、一理ないと思います。

“我曾经问过‘为什么不把食物残渣放在盘子里而是桌子上呢?’ 对方回答我说‘像日本人一样,把从嘴里拿出来的食物残渣放在盘子的角落里更脏’,我觉得这也是有道理的。”——完全没有道理。

zic*****
中国の麺料理は薄味??って、凄く濃いのや凄く辛いの迄、色々有りますよ。蘇州面も確かに色が透明なので薄味に見えますがしっかりしたスープなので味は濃いですよ。中国料理を画一的に見るのはやめましょう。

中国的面条味道很淡??味道特别浓和特别辣都有、有各种各样的呢。苏州面条的汤是透明的,看起来很淡,但因为汤底料是很足的所以味道也很浓。快别这样的片面看中国菜了。

 
收藏译文