东京都内公立小学的教员不足日益严重,暑假结束后缺额130人
2022-11-23 user9101 6749
正文翻译

都内公立小の教員不足が拡大、夏休み明け130人欠員…ハローワークに求人出す区教委も

东京都内公立小学的教员不足日益严重,暑假结束后缺额130人……也有区教委在职业介绍所进行招聘

東京都内の公立小学校で、今年度当初で約50人だった教員の欠員が、夏休み明けに約130人にまで増えたことが都教育委員会への取材でわかった。休職者の増加などが原因とみられる。年度途中の補充は難しく、学校側はハローワークに求人を出すなど人員確保に努めている。

据东京都教育委员会的采访得知,在东京都内的公立小学,今年年初约有50名教员缺额,暑假结束后增加到约130人。原因可能是停职人员的增加。由于难以在学年中途补充人员,校方在职业介绍所进行招聘,努力确保人员充足。

学校現場は近年、教員不足が深刻化しており、都教委は今年度、始業日(4月7日)のほかに5月1日、9月1日の各時点の欠員状況を初めて調べた。それによると、始業日で約50人だった欠員は5月1日時点では変わらなかったが、9月1日時点で約130人に増えた。病気による休職のほか、産休・育休の取得、自己都合の退職が増えているとみられるという。

学校近年来教学一线人员不足的情况越来越严重,(东京)都教委除了本年度的开学日(4月7日)之外,还首次调查了5月1日、9月1日各时点的缺额状况。根据调查情况,开学日约有50人的空缺,直到5月1日都没有变化,但到了9月1日,(缺额)却增加到了约130人。除了因病停职之外,由于产假、育假,以及自身原因的离职也在增加。

都教委によると、各校は例年、新入児童数がほぼ確定する3月下旬から、都教委に登録した採用希望者らに声をかけ、4月に集中して補充する。今年度は、始業日までに1744人を補充した後、9月1日までに443人を追加で補充した。都教委の担当者は「補充を上回るペースで欠員が増えた。年度途中で採用したくても、別の仕事に就いていることを理由に断られることも多い」と頭を抱える。

据东京都教委透露,各校每年从入学儿童人数基本确定的3月下旬开始,向在东京都教委登记的求职者们进行邀请,在4月集中进行人员补充。本年度截至开学日补充1744人后,截至9月1日又再次补充443人。都教委的负责人苦恼的是:“空缺增加的速度超过了补充的速度。即使想要中途录用,也有很多人因为从事其他工作而拒绝了我们。”

欠員が補充できない小学校では、校長ら管理職が教壇に立つなどしている。板橋区教委では、今年度初めてハローワークに求人を出した。区教委の担当者は「教員免許を持つ人材は限られるが、とにかく広く募るしかない」と語った。

在无法补充空缺的小学中,校长等管理人员甚至站在了讲台上。板桥区教委今年首次在职业介绍所进行招聘。区教委负责人说:“拥有教师资格证的人才有限,总之只能进行广泛地招募了。”

评论翻译
小菅将樹

元労働基準監督官/アヴァンテ社労士事務所 代表

報告

教員不足の要因となるうちの一つに、労働環境の改善が挙げられると思います。授業以外の業務や、実態として業務ともみれる時間が多いように感じられ、時間外手当として支払われていない時間があり、仕事と生活の調和がとりずらい可能性があることも考えられます。また、当初持っていた教員という働く目的と、実際の現場での現実とのギャップ、他にやりたいことがあり、新しい道を選ぶなどといったこともありえます。人員体制がぎりぎりであり、誰か休むと代わりの人がいないというところもあると思います。いずれにしても、人を呼び込める雇用環境の整備をしていくことが教員不足解消にも繋がると感じます。

报告。
我认为教师不足的主要原因之一是(没有)改善劳动环境。上课以外的工作,基本上可以被认为实际工作的时间有很多,而这部分额外时间并没有被支付津贴;还有就是可能难以取得工作和生活之间的平衡点。另外,一开始教师所怀揣的工作目的和实际工作的现实之间的差距、其他想做的事情、选择新的道路等(也会造成影响)。人员很紧张,如果有人休息的话,也有没有人可以代替。不管怎么说,我觉得如果重新改善出能吸引人的雇佣环境,也许能解决教员不足的问题。
妹尾昌俊2時間前

教育研究家、一般社団法人ライフ&ワーク代表理事

報告

東京都は昨年の文科省調査では、欠員ゼロという回答でしたが、学校現場からはそんなことはないという声が相次いでいました。昨今、東京に限らず、全国各地で教員不足は深刻化しています。とりわけ、首都圏、愛知、大阪などの都市部では、教職員の年齢構成上、産育休を取る年齢層が多いです。積極的に産育休は取得してほしいと思いますが、年度途中に講師の人を探しても、既に民間や他校に就職済みの人が多く、見つからない事態となっています。また、教員の仕事は、子どもたちを相手にしますし、簡単なものではありません。過重労働や職場の支援が薄いことなどが原因で、精神疾患となる人も多く、病休となった人の補充探しにも苦労しています。働き方改革だけで解決する問題ではありませんが、学校の過重労働を解消していくことは、教員、講師のなり手を増やすことにもつながりますし、休職・離職を減らすことにもつながる、一石二鳥の取り組みです。

报告。
东京都在去年的文科省调查中,回答说没有空缺,但是学校的教学一线却相继出现了这样的声音。最近,不仅是东京,全国各地的教员不足也越来越严重。特别是在首都圈、爱知、大阪等城市地区,由于教职员的年龄构成,休产假的年龄层有很多。虽然希望大家能积极地取得产假,但是即使在中途去招募新的讲师,也有很多人已经在民间和其他学校工作了,所以难以招募。同时,因为教员的工作要把孩子们做为对象,所以并不是一项简单的事情。由于过重劳动和工作岗位的援助较少等原因,得了精神疾病的人也很多,而寻找代替这些休病假的人也很困难。虽然这不是一个仅仅通过工作方式改革就能解决的问题,但是消除学校的过重劳动,既会增加想当教师、讲师的人,也会减少停职、离职(的人),是一举两得的方法。
石川一郎

聖ドミニコ学園カリキュラムマネージャー

報告

公立小学校の教員不足問題ですが、なかなか簡単には解決しないと思います。いろいろと原因は考えられますが、いくつかあげてみます
一つは、敎育に興味ある若者は決して少なくはありません。ただ、教員以外にも塾や予備校、敎育関連産業と多様な選択肢があることです
2つ目は、教員採用試験の時期です。大概が夏から秋にかけてで、民間企業の採用試験が終わった後で、早めに就職を決めたい若者には厳しい時期ではあります
最後に、報道のあり方も考えられます。働き方改革において教職員のブラック労働の問題が日々報じられてどうしても若者からすると敎育に興味あっても教員という選択肢に躊躇しがちです
もちろん変わらないといけない面も敎育現場にはありますが、冷静な議論も望まれます

虽然是公立小学教员不足的问题,但我认为很难简单解决。原因各种各样,我来说明几个:
一,对教育感兴趣的年轻人绝对不在少数。但是,除了教员以外,还有补习班、补习学校、教育相关产业等多种选择。
二,教员录用考试的时期,大概是从夏天到秋天,是在民间企业的录用考试结束后,对于想早点决定就业的年轻人来说是很困难的时期。
最后,也可以考虑报道的方式。在工作方式改革中,教职员工的黑劳动(注:即过长时间劳动,且薪资较低)问题每天都被报道,无论年轻人再怎么对教育感兴趣,也容易对教员这个职业选择产生犹豫。
当然,教学一线也有必须改变的一面,但也希望能冷静地进行讨论

ack*****
もともと教職員の定数は、その学校の児童生徒数を基準に決められていますが、全員が出勤してギリギリという人数しか割り当てられていません。病級や出張、休暇や研修等で学校を離れる先生が毎日のようにいるわけで、スムーズに回らない職場も多いです。その上で欠員が出ても補充ができないのが現状で年々ひどくなっています。
採用人数を増やすことに対しては、教員の質が落ちるとの反対意見もありますが、子どもの安全確保もままならないことを考えると、受験者倍率が1倍を超えている今のうちに採用を増やして各学校に加配として配置すべきです。
また定額働かせ放題の解消と業務削減は必然です。

原本教职员工的人数是以该学校的学生人数为基准决定的,但全员出动也只能勉强符合标准人数。因为病假、出差、休假、进修等原因,几乎可以说每天都有离开学校的老师,所以很多职场事务都不能顺利进行。在此基础上,即使人员出现空缺也难以补充,这就是现状,每年都愈发严重。
对于增加录用人数,也有反对意见认为这会让教员的质量下降,但考虑到(继续下去)连孩子的安全都无法保障,在应试者倍率超过1倍的现在,应该增加录用人数,并在各学校进行分配。
另外,解除“无限”的定额工作和削减任务量也是必须的。

tyatarou
先ずは教師の負担を減らすべきだろう、完全な労働違反だと思うが何故そうならないのか不思議。
僅かな手当での残業もつかない異常勤務、労働時間の長さを労働基準局が指摘しないのも不思議だ。
なり手がない仕事になりつつある、どれだけの数の精神負担過多での過労状態があるのか分からない。
それを聞けば成り手も無くなる、他の公務員と比べて働かされ過ぎだ。
責任問題でも負荷が大きい、親の責任ももっと追求すべき。
それがダメなら民間への作業委託も必要だ、その負担は国が取るが民間ならではの契約という部分では保護者との契約にすべきだろう。
親もそれくらいの責任感があっても良い、何もしない親とボランティアさせられる親の差も考えること必要がありそうだ。

首先应该减轻教师的负担吧,我认为现在这是完全违反劳动法的,为什么不那么做,真是不可思议。
劳动基准局不批评连一点点津贴都不给的加班工作,还有极长的劳动时间,这真是不可思议。
(教师)正在成为没有人想要做的工作,不知道有多少精神负担过多而导致过劳状态的人。
总看到这种新闻,连想要从事这工作的人也逐渐消失了,和其他公务员相比工作量太多了。
责任问题负担也很大,更应该强调父母的责任。
如果这些不行的话,把工作委托民间也是必要的,其负担由国家承担,但在只有民间才有的合同这一部分,应该与监护人签订合同。
父母有这样的责任感固然很好,但也有必要考虑什么都不做的父母和主动做一切的父母之间的差别。

jun*****
業務改善、給与の問題等、誰もがわかるような課題をずっと抱えながら、本気で対応している様子が伺えない。教員を募集するだけの努力で、改善が望めないのは火を見るよりも明らか。
急ぎ本気で取り組まないと、公教育の教員不足は、ここ数年で、加速化するのでは無いかと思っている。壊滅的、教育業務が維持できないほど状況になるのではないかと。現場で踏ん張っている現職をこれ以上苦しめるような状況をすぐにでも改善する必要がある。

改善工作、工资的问题,一直都揣着谁都能明白(如何解决)的问题,却看不到他们认真应对的样子。只在努力招募教员,难以期待对问题的改善,这是非常明显的事实。
我想如果不赶紧认真致力解决问题的话,公共教育的教员不足,在这几年,会一直加速化。这会造成灾难性的、教育工作无法维持的状况。有必要立即改善这种让在教学一线坚持的教育者痛苦的状况。

geo*****
昔は産休代替のための採用枠があったと聞きました。年度途中で産休に入る先生と交代するまでは仕事が無いのでもちろん無給なんですが、産休をとっていた先生が学校に戻ってこられても、翌年度からは正規採用と同じ勤務体制が保証されていたそうです。少子化を受け新規採用が減り始めると聞きましたが、産休を必要とする先生はまだしばらく続くはず。講師を頼る前に、以前あった制度を今の状況に合わせて変えるべきところを変えて復活させても良いのではと思います。

听说以前有为了代替产假而产生的录用名额。因为在和中途休产假的老师交替之前没有工作,(这段时间)当然是无薪的,但是即使休产假的老师回到学校,从第二年开始也会保证和正规录用一样的工作体制。听说由于少子化,新录用的人开始减少,但是需要产假的老师应该还会持续出现。在依赖讲师之前,我认为可以根据现在的状况改变以前的制度,使之重新出现。

nux*****
東京ならば教員より条件の良い仕事はいくらでもあります。
教職の現状は・・ 明確な休憩時間がない。給特法があるため、残業代が出ない。部活を持てば土日祝日がない。苦労ばかりの管理職になるメリットがない。校内外で保護者・児童生徒の暴言、暴力、授業妨害などになす術がなく、教員の人権が守られていない。授業準備が二の次以下の存在であり、授業準備の時間が確保されない。ダラダラ会議など、学校は時間のコスト意識がない、ストライキ権がないなど。 勤務時間前と後に児童生徒が登校、在校するのが当然など、低レベルな労務管理のもと、ブラック労働を強いられます。
文科省は主体的に考え、判断する児童生徒の育成を学習指導要領等で説いてきました。若者が判断し、主体的に教職を選ばないのは文科省の教育の成果であり、文科省や県はむしろ誇るべきです。

如果是东京的话,比教员条件好的工作有很多。
教职的现状是……没有明确的休息时间。因为有工资特别法,所以没有加班费。如果有社团活动的话,就没有周末和节假日了。做一个只会吃苦的管理人员没有好处。在校内外,遇到家长和学生的谩骂、暴力、妨碍授课等也无计可施,教员的人权没有得到保护。备课成为了次要以下的存在,连备课的时间都无法确保。还有拖拖拉拉的会议等,学校没有时间成本意识,没有罢工权等。在上班时间前后,学生要上学,老师自然也要留校,还有低水平的劳务管理,甚至被强迫进行黑劳动。
文科省用学习指导要领等说明了要主动积极地考虑、判断对儿童学生的培养。年轻人判断权衡之后,不主动选择教职是文科省教育的成果,文科省和各县反而应该引以为豪吧。

org*****
子供の頃の記憶では、小学校でも、中学校でも、先生は「先生」と見られていた。あそこの家の人は先生なんだって、とか言ってたし。それが今はどうだ。仕事量が多く、生徒にも親にも気を使い、土日も部活がある先生も。やっぱり、先生は先生たる待遇や働き方をさせてあげないと、人材不足になるのは当然。文科省や教育委員会は先生を締め付けるのではなく、皆から一目置かれる存在にさせることをやって欲しい。また、その方が教育効果は高いと思う。

在童年的记忆中,无论是小学还是初中,老师都被视为“老师”。大家都会说那家的人是老师。但现在又如何呢。工作量大,还要留心学生和他们的父母,周末要是有社团活动的话,老师(也得去)。果然,如果不给予老师应有的待遇和工作方式的话,人才不足是理所当然的。希望文科省和教育委员会不要束缚老师,而是让他成为大家都关注的存在。而且,我认为这样的教育效果更好。

あっちゃん
何度も言われているように、教員の人材難は教員の荷重労働が一番の原因。
特にかさむ業務については、何でも現場丸投げの政策の山が元凶。
特にIT化だのプログラミングの必須化など具体的な方法など示さず、
現場の担当者の苦労が大きい。
誰かが発表した事例をそのまま自分たちの手柄のように推奨するだけ。
GIGAスクール構想も一部の業者のみが潤う政策。
ネットワークの整備・運用、機器故障時の対応、セキュリティポリシ作成など
担当者の負担が大きい。
まさに「仏作って魂入れず」「盗人捕らえて縄を綯う」状態。
小学校の場合、いじめへの保護者対応や給食指導などもある。
好き好んでやる人がいないのは当然。
行政側の自業自得しかない

已经说过很多次了,教员的人才难题最大的原因是教员的高负荷劳动。
特别是对于繁重的工作,无论什么都往教学一线抛出的成堆政策是罪魁祸首。
特别是不给出IT化、编程必要化等具体的方法,这让一线负责人真的很辛苦。
(行政人员)只是把不知道是谁发表的事例原封不动地当作自己的功劳一样推荐出去而已。
GIGA学校构想(注:差不多就是学校智能化)也只是让一部分企业受益的政策。
网络的整备、运用,机器故障时的对应方法,安全策略制作等,这都让负责人的负担很大。
正是所谓“画龙不点睛”“抓贼方捻绳”(注:即怠慢准备工作)的状态。
如果是小学,还有针对霸凌的监护人对应方法和供餐指导。
当然没有愿意做这一行的人。
一切都不过是行政方面的自作自受。

xva*****
子を持つ親ですが、激務でブラックな労働環境で大変だろうなって思ってます。
少子化で子供は減ってますが、昔と比べ子供との接し方やトラブルの内容等は複雑化して今の先生方の方が苦労されてるでしょう。
こういう部分には税金を投入しても国民は反対しないと思いますから予算増やして教員の数をもっと増員、先生方に余裕をもって子供たちを指導していただきたい。
そうすれば先生になりたいと思う方も増えるのでは。

我虽然是有孩子的父母,但是(老师们)因为繁重的工作,在黑暗的劳动环境中应该相当辛苦吧。
由于少子化导致孩子减少了,但是和以前相比,和孩子的接触方法以及纠纷的内容等变得更复杂,现在的老师们更辛苦吧。
我想即使在这一部分投入税金,国民也不会反对,所以希望增加预算,增加教员的数量,让老师们有充裕的时间指导孩子们。
这样的话,想成为老师的人也会增加吧。

 
收藏译文