2024年第二次降价,苹果公司在中国大幅降价iPhone的原因
2024-07-07 玉子家 10030
正文翻译

アップル、中国でiPhone大幅値引きの理由 2024年に入って2度目

苹果公司在中国大幅降价iPhone的原因:2024年第二次

米アップルは先ごろ、中国最大級のネット通販セール「6.18セール」に合わせて、スマートフォン「iPhone」を大幅値引きした。同国での販売不振に加え、中国・華為技術(ファーウェイ)との競争激化が背景にあったようだ。

美国苹果公司近期在中国最大的网络购物节“6.18购物节”期间,大幅降价销售智能手机iPhone。这背后似乎是由于在该国的销售不振以及与中国华为技术有限公司(华为)的竞争加剧。

iPhone、中国で20%引き
アリババ集団の「天猫(Tmall)」や京東集団(JD.com)といった中国の主要ECマーケットプレイスのアップル公式サイトでは、一部のiPhoneモデルを最大20%引きで販売した。天猫と京東は、アップルの中国市場における主要な販売チャネルである。
米経済ニュース局のCNBCによると、256GBの「iPhone 15 Pro Max」の価格は、9999元(約21万6000円)から7949元(約17万1800円)引き下げられた。アップルは2024年2月にもセールを行ったが、値引き幅は6.18セールのほうが大きかった。
アリババによると、2024年の6.18セールは、1回目の5月20日〜28日に加え、2回目として5月31日〜6月20日に開催された。

iPhone在中国降价20%
在阿里巴巴集团的“天猫”和京东集团等中国主要电商平台的苹果官方店铺中,部分iPhone型号的售价降幅高达20%。天猫和京东是苹果在中国市场的主要销售渠道。
据美国财经新闻频道CNBC报道,256GB的iPhone 15 Pro Max价格从9999元(约216,000日元)降至7949元(约171,800日元)。苹果在2024年2月也进行了一次促销,但降价幅度不如6.18购物节大。
根据阿里巴巴的数据,2024年的6.18购物节分为两次,第一次是从5月20日至28日,第二次是从5月31日至6月20日。

中国で大幅値下げの背景
iPhoneの大幅値引きは、中国における販売低迷対策だと、シンガポールに本部を置く調査会社カナリスは指摘する。
同社アナリストであるレウ・チウ氏は、「2024年における2度目の値下げで、アップルは販売を促進するとともに、ファーウェイの復活に対抗した。2月の値下げでは販売に勢いがついた」と述べ、2度目の値下げも効果的な対策になったとの見方を示した。
米調査会社のIDCのデータによると、2024年1〜3月期の中国におけるiPhoneの出荷台数は、前年同期比6.6%減の1080万台だった。これに対しファーウェイは2.1倍の1170万台となり、同社は中国第2位のスマホメーカーへと復活した。

在中国大幅降价的背景
新加坡总部的研究公司Canalys指出,iPhone的大幅降价是为了应对在中国的销售低迷。该公司分析师刘秋(音译)表示,“2024年第二次降价促销,苹果既促进了销售,又对抗了华为的复苏。2月份的降价带来了销售增长。”他认为,第二次降价也将是一个有效的措施。
根据美国市场研究公司IDC的数据,2024年第一季度苹果在中国的iPhone出货量为1080万部,同比下降6.6%。相比之下,华为的出货量为1170万部,是苹果的2.1倍,华为重新成为中国第二大智能手机制造商。

原创翻译:龙腾网 https://www.ltaaa.cn 转载请注明出处


ファーウェイは米国の輸出規制下にありながら2023年8月に、自社開発半導体を搭載した高機能スマホ「Mate 60 Pro」を発売し、米政府を驚かせた。
ファーウェイはかつて、スマホ出荷台数で世界1位に浮上していた。だが、2019年に当時のトランプ米政権が同社を安全保障上の脅威とし禁輸措置を講じた。半導体など重要部品の供給制約を受けてスマホ生産が減少した同社は、低価格スマホ事業HONOR(オナー)の売却を余儀なくされた。
ファーウェイの中国におけるスマホシェアは2020年半ばに29%あったが、2年後にわずか7%に低下。そうした中でも同社は半導体などの部品の自社開発を進めた。2023年8月には、5G(第5世代移動通信システム)への接続機能と、7ナノメートル(nm)技術で製造された半導体を採用したMate 60 Proを市場投入し、中国の消費者を引き付けた。
ファーウェイは2024年4月、新製品「Pura 70」シリーズを市場投入したが、そのうちの「Pura 70 Ultra」も中国で評判が良い。アップルに対する競争圧力はますます高まっている。

尽管受到美国出口限制,华为在2023年8月推出了搭载自研芯片的高端智能手机Mate 60 Pro,令美国政府惊讶。华为曾在智能手机出货量上登顶全球第一。然而,2019年,时任美国总统特朗普政府将华为视为安全威胁并实施禁运措施,导致关键零部件如芯片的供应受限,华为的智能手机生产减少,并被迫出售其低价手机业务HONOR(荣耀)。
华为在中国的智能手机市场份额从2020年中期的29%下降到两年后的7%。尽管如此,该公司继续推进自主研发芯片等零部件。2023年8月,华为推出了支持5G连接并采用7纳米技术制造的半导体的Mate 60 Pro,吸引了中国消费者的关注。2024年4月,华为推出了新产品“Pura 70”系列,其中“Pura 70 Ultra”在中国广受好评。对苹果的竞争压力日益加剧。

アップル、販売減速に歯止めか
一方で、アップルが2024年2月に行った値下げ施策には確かな効果があったようだ。「アップルは中国市場での販売減速を乗り切った」と英ロイター通信は報じている。
中国工業情報省(工情省)傘下のシンクタンク、中国信息通信研究院(CAICT)のデータに基づくロイター通信の試算によると、iPhoneの2024年3月の中国出荷台数は前年同月比12%増加した。24年1〜2月に37%減少していたことを考えると、これは大きな改善である。
6.18セールの値引き幅は2月のそれよりも大きかったため、一層の効果が表れたとみられている。アップルの2024年1〜3月期の売上高は前年同期比4%減の907億5300万ドル(約14兆2000億円)で、減収は過去6四半期で5度目だった。iPhoneの売上高が10%減少したほか、中国事業の売上高が8%減少した。
ただ、ティム・クックCEO(最高経営責任者)は2024年4〜6月期の売上高について、1桁台前半のプラス成長になるとの見通しを示している。アップルは2024年7月下旬〜8月上旬に4〜6月期の決算を発表するとみられている。

苹果能否遏制销售减速
另一方面,苹果在2024年2月的降价措施似乎确实有效。英国路透社报道称,“苹果克服了在中国市场的销售放缓。”根据中国工信部下属智库中国信息通信研究院(CAICT)的数据,路透社估算,2024年3月iPhone在中国的出货量同比增长了12%。考虑到2024年1-2月出货量下降了37%,这算是重大改善。
由于6.18购物节的降价幅度比2月份更大,预计效果会更加显著。苹果2024年第一季度的收入为907.53亿美元(约14.2万亿日元),同比下降4%,这是过去六个季度中的第五次收入下降。iPhone的销售额下降了10%,中国业务的销售额下降了8%。
不过,苹果CEO蒂姆·库克预计,2024年第二季度的收入将实现个位数的正增长。苹果预计将在2024年7月底至8月初发布第二季度的财报。

评论翻译
暂无


很赞 8
收藏